森畑研究室
東京大学教養学部学際科学科総合情報学コース 
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻広域システム科学系 

研究目標:プログラミングに産業革命を
 現状、プログラミングは専門的な修練を積んだ人による技能です。端的に言っ て、全てが職人による一品物。これほど情報技術・機器が一般的になった世界 で、これで良いのでしょうか? マニュアル通りにやれば誰でもできるような、 そういう生産技術があってこそ、プログラミングは本物の「産業」たりえると は思いませんか?
 本研究室では、誰でもできるプログラミングを目指して、プログラミ ングの基礎理論、およびその応用について研究しています。
本研究室のアプローチ
 本研究室では、プログラミング教育や統合開発環境(IDE)などの改善でプロ グラミングの困難を乗り越えようとはしません。そのような発想は、服飾産業 で言えば針や糸を改善するようなものです。産業化に真に必要なのは一にも二 にもミシンです。ボタンを押せば自動的に縫ってくれて、ほつれ止めも飾り縫 いもスイッチ一つ、マニュアルを読めば誰でも操作できる。そういう産業機械 がプログラミングには圧倒的に不足しています。
 プログラミングのための産業機械の開発のため、以下の3点を目指します。 (関連:森畑による講演の動画
本研究室に向いている人・向いていない人
 本研究室には、現在のプログラミングに疑問・不満のある人が向いて います。逆に、現在のプログラミングに不満のない人、自由にプログラミング のできている人はあまり向いていません。
 プログラミングの研究をする以上、現状を知るという意味で、プログラミング 言語等について一定の知識が必要です。しかし、個々のプログラミング言語に ついて詳細な知識がある必要はありません。
 プログラミングに関する技術をソリッドに組み立てるためには、最終的には数 学が必要になります。どの程度の数学を使うことになるかは研究テーマやアプ ローチによりますが、数学アレルギーの人には基本的にお勧めできません。逆 に、数学は好きだが純粋数学よりも数学の応用を研究したい、という人は楽し める可能性があります。
本研究室で扱うテーマの範囲
 本研究室のテーマは「プログラミング」であり「ソフトウェア開発」ではあり ません。これは、ソフトウェアの開発全体ではなく、それを構成する各部品の 開発を扱う、という意図です。例えば自動車の開発であれば、ホイール一個、 場合によってはネジ一本の開発技法を扱う一方、品質管理、工場ラインの管理、 PDCAサイクルの回し方、顧客との折衝などは対象としない、ということです。
 本研究室は、高度な技術をもつ職人に特注すべきようなものは扱いません。そ のような例は、気象予報やスペースシャトルの制御のような非常に高い性能と 信頼性が必要なもの、京コンピュータのような特別なアーキテクチャに特化し たもの、最先端の技術を用いたものなどです。
研究テーマ・成果の例
(参考:森畑の研究テーマ候補リスト
関連研究室
Akimasa Morihata. Nov., 2017