ウェブページの作成

以下の作業を行って、ECCS内でアクセスできるウェブページを作りなさい。

1. 準備

ターミナルを開き、次のようにしてホームディレクトリの直下に「public_html」ディレクトリを作ります。なお、ファイル、ディレクトリ(フォルダ)とそれに関するコマンドについては、はいぱーワークブックの「ファイルシステム」に説明があります。

pc113003m:~ 7329821921$ mkdir public_html
pc113003m:~ 7329821921$ cd public_html

そのディレクトリ public_html に、サンプルファイル sample.htmlimage.jpg をダウンロードします。(例えばこのリンクを右クリックして「別名でダウンロード」とし、ダウンロード先を適切に指定。)←講義時点でここに書いてあった画像ファイル名に誤りがありました。うまくいかなかった人はやり直して下さい。

ダウンロードしたファイル sample.html を、まずはブラウザで見てみましょう。(例えば Safari で上部メニューの「ファイル」→「開く」から。)

また、同じファイルを テキストエディタ(例えば miemacs)でも見てみましょう。(例えば mi を起動し、上部メニューの「ファイル」→「開く」から。)ウェブページの内容や、箇条書きなどの文書構造が、HTMLタグを用いて記述されていることがわかります。

2. ウェブページを作成

同じく public_html ディレクトリ内に、「index.html」という名のファイル(HTML 文書)を作成してください。(例えば mi で sample.html を表示した状態で、上部メニューの「ファイル」→「別名で保存」により index.html というファイル名で保存。)

HTML文書の作り方については、sample.html を真似たり、はいぱーワークブックの「HTML文書の書き方」を参考にしたり、各自で調べたりしてください。但し以下を満すようにすること。

HTML文書を書く際は、適宜(できるだけ頻繁に)、ブラウザで出来栄えを見ておくと良いでしょう。ファイルに変更を加えたら、ブラウザ上で右クリック→再読み込みしましょう。

3. 他ユーザへ公開

ECCSの他ユーザへ公開するために、以下のようにディレクトリには読み r と実行 x(ホームディレクトリは実行 x のみ)、文書や画像ファイルには読み r のパーミッションを立ててください。パーミッションについて知らない人は、はいぱーワークブックの「パーミッションと実行ファイル」の説明を見ましょう。chmodはパーミッションを変更するためのコマンドで、「a」はすべてを対象者とすることを表し、「+x」は対象者に実行権限を与えることを意味します。

pc113003m:public_html 7329821921$ chmod a+x ~
pc113003m:public_html 7329821921$ chmod a+rx ~/public_html
pc113003m:public_html 7329821921$ chmod a+r ~/public_html/index.html
pc113003m:public_html 7329821921$ chmod a+r ~/public_html/image.jpg

(上記最後の2つのコマンドまとめて実行するには、以下の方法がある。)

pc113003m:public_html 7329821921$ chmod a+r ~/public_html/*

設定が正しいか否かは,次のように ls コマンドで確認できます。結果の左端の「r」や「x」の有り無しを確かめます。

pc113003m:public_html 7329821921$ ls -ld ~
drwx--x--x  22 7329821921  student  3072  3  6 15:32 /home/7329821921
pc113003m:public_html 7329821921$ ls -ld ~/public_html
drwxr-xr-x  2 7329821921  student  1024  3  6 15:38 /home/7329821921/public_html/
pc113003m:public_html 7329821921$ ls -l ~/public_html
total 2786
-rw-r--r--  1 7329821921  student  1425831  3  6 15:38 image.jpg
-rw-r--r--  1 7329821921  student      116  3  6 15:35 index.html

上記の設定が終わったら、友達に頼んで自分のページが公開できているか確認してもらいましょう。もしもアクセスできない(ファイルが読めない旨のメッセージが出る)場合には、ファイル名やパーミッションの設定を調べてみると良いでしょう。

注意

この課題で作成するウェブページは、ECCSのユーザ情報発信用WWWサーバは利用せず、外部への公開はしません。この課題とは別に、WWWサーバ上で外部に公開したい人は、情報発信実験に関する説明はいぱーワークブック を参考にしてください。