輪講(情報数理分野)


連絡はこちらへ→ kawamura@graco.c.u-tokyo.ac.jp

日程

『論理と構造』

月日時間部屋担当者内容
127月15日10:25~十五号館101室
117月11日8:30~十五号館101室
107月4日8:30~十五号館101室
96月27日8:30~十五号館101室
86月13日8:30~十五号館101室コンパクト性定理、レーウェンハイム・スコーレムの定理(4.2)
76月3日10:25~十五号館101室完全性(4.1)
66月1日14:55~十五号館101室完全性(4.1)
55月23日8:30~十五号館101室自然演繹、健全性(3.8~3.10)
45月16日9:30~十五号館101室M、J一階述語論理と構造(3.5~3.7)
35月2日8:30~十五号館101室一階述語論理式(3.1~3.4)
24月25日8:30~十五号館101室命題論理、自然演繹、健全性と完全性(2.4~2.5)
14月20日14:55~十五号館101室命題論理式の意味と性質(2.1~2.3)

『計算可能性』

月日時間部屋内容
107月11日18:45~十五号館104室ゲーデルの不完全性定理(8.2節)
97月4日18:45~十五号館104室半表現可能性(8.1節)
86月27日18:45~十五号館104室表現可能性(3.2節)
76月13日18:45~十五号館104室停止問題(~5.3.8)
66月6日18:45~十五号館104室計算可枚挙(~5.2.9)
55月30日18:45~十五号館104室ゲーデル符号化、万能機械、再帰定理(~4.4.2)
45月23日18:45~十五号館104室述語論理(3.1節)
35月9日18:45~十五号館104室チューリング機械、述語論理(~3.1節)
25月2日18:45~十五号館104室流れ図と機械(~2.3.19)
14月25日18:45~十五号館104室原始再帰函数と再帰函数(~2.2.12)

初回

4月16日(土)10:25に十五号館101室で行います。その後の日程は相談して決めます。

[H28.4.16]希望者多数のため五人づつに分割しました。

概要

情報学の理論分野の文献を読む。今学期は数理論理学に関する文献を扱う。

参考:先学期のページ

題材

参加者の希望に応ずるが、例えば、ゲーデルの不完全性定理まで理解することを目標に次のいずれかを読むなど。

形式

週に一度集まって担当者が発表する。日程は初回に相談。

目標

質問と回答

正式に単位を取って履修するわけではないが、参加してよいか。(例:「外国語論文講読二」を既に履修済である場合。)

はい、構いません。河村まで連絡を下さい。但し、もし日程調整などで皆の都合が合わなかった場合は、正式に履修している人を優先します。

必要な予備知識は何ですか。

特に知識として要るものはない(集合や論理記号などの基本的な数学記法のみ)と思います。ただ、数学的な定義・定理・証明をきちんと理解・運用する根気は(かなり)必要。

○○学科の者ですが、履修できますか。

こちらとしては構いませんが、単位として認めるかどうか決めるのは○○学科ですので、そちらで調べて下さい。

来学期も開講しますか。

必ずとは約束できませんが、来学期も多分ほぼ同じ形で開講(分野を別のものに変える)する積りです。